今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

なぜ、ビットコインだけこんなに値上がり期待があるのか?

暗号通貨

なぜ、ビットコインだけこんなに値上がり期待があるのか?
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

【ビットコインに長期的な値上がり期待があるのはなぜ?】

以前の記事では、仮想通貨について不正のできない革新的な技術が使われていることや、世界的に信頼性を集めつつあること、さらには投資対象としての価値も高まっていることをお伝えしました。
ここからは、市場に将来的なニーズを感じさせるサービスや商品は値上がりするという、投資の基本的な考え方を踏まえて、仮想通貨の投資的魅力を裏付ける高い将来性についてご案内します。

【仮想通貨を代表するビットコインはすでに安全資産としての価値を確立】

数ある仮想通貨の中でも、知名度と流通量がともに高く、流動性にすぐれているのはビットコインです。発行当初と比較すればすでに120倍もの値上がりを記録していますが、まだまだ将来的に値上がりする可能性を秘めています。というのも、ビットコインは今、一部の投資家の中で安全資産としてとらえられているからです。

現在、金融マーケットで安全資産とされているのは日本の法定通貨の「円」や実物資産の「金」です。なぜこれらが安全資産とされているのか、理由を一言でいえば「大きな値動きがなく、比較的リスクが低いから」です。だから、かつてのリーマンショックのようにマーケットに大きな不安が起こると、ハイリスクな株式は売られ、リスクの低い「円」や「金」に資金が流れ、「円」や「金」の価値が上がるようになっています。また慢性的な不景気などハイリスク資産では利益を出しにくい局面でも、これらの安全資産は価値が上昇しやすい傾向にあります。

話を通貨に絞れば、現在、安全資産とされている日本円も、長期的に見れば安全資産としての価値を疑問視する声が増えています。
理由は大きく2つあります。ひとつは日本が1000兆円と超える借金大国であること。もうひとつは急速に進む少子高齢化による人口減少です。解決されないことには、どちらも日本経済を大きく衰退させ、日本に資金の集まらない、円の価値を下落(円安を招く)させる要因となります。多額の借金という意味では世界ナンバーワンの基軸通貨であるアメリカドルも同様です

【法定通貨の信用が揺らぐ時代に価値を高めたビットコイン】

通貨の価値が上がるかどうかは、その通貨の信用にかかっています。そういう点では日本もアメリカも長期的に信用がある国かどうかは断言しづらいという時代になってきました。ヨーロッパのユーロはイギリスのEU離脱などの問題を抱え先の見えない状態が続いています。
何が言いたいかと言えば、これまで絶対的ともいえる「国家」、「政府」、「組織」の信用が下落し続けている時代になってきたということです。ギリシャが借金を踏み倒したり、エンロン、VW(フォルクスワーゲン)、東芝といった世界的企業が不正をしたり、そんなニュースも背景にあるのでしょう。

一方でビットコインです。上記の図はビットコインの2013年4月〜2016年12月までのチャートです。2013年末に一度価格が上昇ましたが、2014年、ビットコイン交換所のマウントゴックスが破綻し価格は下落傾向に陥りました。しかしその後2016年に上昇を開始、2013年末頃の上昇時と同じ水準までに価格を戻しています。株式や債券、外貨などの従来の金融資産に加え、ビットコインもリスク分散のための金融資産として、選択肢に入ってきている。近年のゆるやかな価格上昇は、そんな時代の流れを示しているようにも思えますね。

【盗難リスクがあるのはビットコインも現金も同じ】

ビットコインはこれまでにない形の通貨ですが、発行当初からその資産価値は認められていたため、常にクラッカー(悪意のあるハッカー)に狙われていました。ビットコインのような仮想通貨はデジタル上に存在するので、盗まれてしまった場合に戻ってくる可能性は限りなく低く、犯人の追跡も困難です。クラッカーにとって、現金を盗むよりビットコインを盗むほうがはるかに捕まるリスクが低いのは言うまでもありません。クラッカーに狙われた有名なニュースとして、先の「マウントゴックス」の破綻を招いた流出事件のほか、香港のビットコイン交換所「ビットフィネックス」の流出事件などがあります。

そのような事件の影響もあり、「ビットコインは電子データで盗まれるから危ない」という認識の方がいます。誤った認識ではありませんが、盗まれるという点では、ビットコインも現金も変わりません。例えば、一人でカフェに行ったとき、テーブルに財布を置いたままトイレに行くことはあるでしょうか?そんなことをすれば財布を誰かに盗まれてしまうとほとんどの人が思うので、そのような人はまずいないでしょう。現金とビットコイン、どちらも確かな「資産価値がある」以上、盗難に遭うリスクは常につきまとっているのです。
そう考えると、大きな流出事件がありながらも、ビットコインに対する需要が増え、チャートが示すように価値が上昇していることに納得がいくのではないでしょうか。

続いてはビットコインのみならず、仮想通貨の将来的な価値上昇を裏付ける世界的なニュースをご紹介します。

【ニードの高まりを感じる仮想通貨関連のニュース】

◆ビットコイン決済サービスのIpayyouがスターバックスと提携、全米のスターバックスでビットコインでの支払いが可能に(2016年12月)。
◆ビットコインが初めて公共料金(電気料金)に対応(コインチェック取引所が実施)
◆グーグルが出資する仮想通貨「リップル」を使った送金実験を大手銀行が実施。
◆日本銀行大手「東京三菱UFJ銀行」がアメリカの仮想通貨大手取引所「コインベース」に出資。
◆「東京三菱UFJ銀行」が独自の仮想通貨の作成に着手、手数料が格安に。

なんと日本の「東京三菱UFJ銀行」も仮想通貨業界に参入しています。仮想通貨はやっぱりまだ信用しづらいという方も少し興味が湧いたのではないでしょうか?これらは最近の仮想通貨に関するニュースの一部で、世界的にはもっとさまざまなところで仮想通貨の使い道が模索されているところです。市場に将来的なニーズを感じさせるサービスや商品は値上がりするという、投資の基本的な考えにもとづいても、仮想通貨はまだまだ長期的に値上がりする可能性があると言えるのではないでしょうか。

【世界各国の動きをを知れば、仮想通貨の需要が見えてくる。

ご存知のとおり仮想通貨は全世界で使えるネットワーク上の通貨です。そのため、すでに世界では仮想通貨こそが現金と同じくらい資産として一般化しつつあります。、その傾向は、政府や行政など国家組織が未熟な国ほど強いと言われています。そのようないわゆる開発途上国とされている国々、たとえばジンバブエなどでは貨幣発行のコントロールができずハイパーインフレが発生し、札束さえも紙クズ同然にまで現金価値が急落する状況に陥りました。そのような事態が起こることを恐れる人々は、安定した価値を求めて自国の法定通貨ではなく仮想通貨を資産と考えるのです。逆に、貨幣価値がまだまだ世界的に見ても安定している日本では、そのような心配をする人か少ないため、仮想通貨を投資対象としてとらえる傾向がいまだに強いのです。

ここからは、代表的な仮想通貨「ビットコイン」について世界各国の動きをまとめて紹介します。

【少額のビットコインの利用でも、世界の動きを実感】

「海外への送金も一瞬、10万円相当の送金で手数料がわずか15円だった。」「24時間365日、常に取引可能で着金も早く使い勝手がいい。」「2016年初めに買った5000円相当のビットコインが2016年末には3倍の15000円相当になった!」
これらはすべて実際にビットコインをやり取りするインターネットサイトでビットコインを手にした人のレビューです。やりとりするインターネットサイトのことを「取引所」といいます。取引所では日本円をかなり少額から、100円からでも両替できます。

日本語に対応したビットコイン取引所には以下のようなものがあります。

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
1
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?