稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

【仮想通貨】 基本のきほん まずはここから始めてみよう!!

暗号通貨

【仮想通貨】 基本のきほん まずはここから始めてみよう!!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・

【そもそも仮想通貨ってなに?】

円なら日本、ドルならアメリカといったように特定の国家がその価値を保証している通貨のことを、法定通貨といいます。対して、仮想通貨は特定の国家による価値保障のない通貨です。別名は暗号通貨とも呼ばれ、ブロックチェーンという技術をもとにネット上で取引されています。仮想通貨は近年のIT技術の発展も手伝って多数の種類がありますが、ニュースなどでも話題になったビットコイン(Bitcoin)は特に有名なもののひとつです。仮想通貨に詳しくなくてもこの名前は聞いたことがあると思います。

【発明したのは日本人?中本哲史がネット上で発表】

実はこの仮想通貨、発明したのは日本人ではないかと言われています。発明者は中本哲史(Satoshi Nakamoto)と言い、2008年10月、彼がネット上で発表したのがはじまりとされています。ただ、発表がネット上でなされたものなので本当に中本哲史という人がいたのかどうかはわかりません。ひとりではなく金融工学などの研究チームなのかもしれません、とにかく開発者の名前はあれど、仮想通貨の本当の開発者が誰なのかははっきりわかっていないのです。
そんなちょっとミステリアスな仮想通貨ですが、その技術自体はあまりにも革新的なので、2016年にはノーベル経済学賞に推薦されるなど、世界的に功績が認められつつあります。

【仮想通貨の特長】

仮想通貨の特長には次のようなものがあります。
(1)管理者が存在しない。
(2)手数料が法定通貨と比較して非常に安価。
(3)世界中で取引ができる。
(4)発行上限があらかじめ決まっている。
管理者がいない、なんて聞くと、一体どうやって通貨としての価値を維持できるのか不思議に感じてしまいますが、その疑問をしっかりとカバーできる革新的な技術で成り立っています。だからこそ今注目を集めている通貨なのですが、それぞれの特長を詳しく見ていきましょう。

【管理者がいないから格安の手数料で不正のない取引ができる】

法定通貨では、銀行が主に管理者の役割を担っているので、国内、海外への送金など通貨のやりとりをすれば当然ですが手数料がかかります。手数料は銀行の収入源であり、いくらにするかは銀行が決めています。また、やりとりには強固なセキュリティのかかった電子データを使っているとはいえ、データ改ざんのリスクは常について回ります。
一方、仮想通貨には先述のとおり管理者がいません。先ほどの例では送金に関しても、送り手と受け手の間に入るものがないので、格安の手数料でも成り立つのです。また管理者が手数料以外のお金を中抜きするような不正も、間になにも入らないので起こりません。しかも、仮想通貨は不正ができないよう、すべての取引データ確認が可能な革新技術が使われています。



上記の表のように、ビットコインでの取引は海外送金に比べ格安です。ですがここで、安いけれども手数料はかかるのはなぜ?管理者はいないのにどうして?と思った人もいるでしょう。その理由を説明しますと、仮想通貨には決まった管理者はいませんが、仮想通貨の送金のやり取りを監視をする人が抽選で選ばれています。手数料はその人の収入になるのです。当然ながら監視する人も不正はできません。なぜなら取引データは、その仮想通貨で取引をしたすべての人が確認できるようになっているからです。仮に監視者が不正をを企んだとしてもすぐに発覚してしまいます。

【為替レートを気にせず、世界中で取引可能!】

仮想通貨の取引は自由度が高いことも魅力です。例えば一番取引量が多い『ビットコイン』を使えば、どの国の人とでも簡単に取引ができてしまいます。同じビットコインなので為替レートなどを考える必要もありません。
通常、海外との取引ではドルと円やユーロと円の交換という感じで、通貨の種類が違うのでその分手続きが複雑になり、為替手数料や為替レートの変動などを考慮しなければなりませんが、仮想通貨の場合は同じ種類同士ならインターネットの環境があれば簡単に取引ができてしまいます。

【発行上限があらかじめ設定されている】


仮想通貨には発行上限があります。例のビットコインなら発行上限は2100万コインとなっていて、現在は1200万コインほどが発行、流通している状態です。
法定通貨なら、国家の財政状況などを理由に通貨を発行し、景気や金利をコントロールすることがあります。財政赤字などによる通貨の過剰な発行は、通貨の価値を大きく下げハイパーインフレなど国家破綻、通貨の価値の無力化を招くこともあります。
仮想通貨の発行上限が決まっているということは、価値が大きく下がってしまうインフレにはなりにくい構造と考えられます。まだまだ一般的ではないとはいえ、法定通貨よりも信頼性、安定性が高い通貨かもしれませんね。ちなみに、仮想通貨の発行のことをマイニング(採掘)と言います。

【まとめと仮想通貨の将来性】


仮想通貨はこれまでの通貨の常識を大きく覆すシステムになりつつあります。その価値についても世界的な認知とともに上昇しています。中でも最大規模の流通量であるビットコインは発行当初と比較して、その価値は120万倍になりました。この時流にうまく乗った海外投資家の中には約200万円でスタートした仮想通貨への投資で、億単位に資産を増やした人も存在します。グローバル化とオンラインビジネスが急進する時代、まだまだ仮想価値の値上がり期待は続きそうです。

3分でビットコインが購入できます!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!